都紀女加王墓前バス停で待つ。

長崎生まれ佐賀育ち 中高福岡大阪在住 完全趣味の自己満足ブログ。 @tsukimecha

エヴァ学 あとがき 人類補完計画とサードインパクト

 

人類補完計画に必要なサードインパクト。これには色々な考え方があります。

 

私の考えとしては、「神を造り、神のみが持つ力アンチA.T.フィールドを展開させ、現生人類を一つにして還元する」というもの。

 

んで、「神」とは生命の実と知恵の実の両方を持った存在のこと。この地球では生命の実を持ったアダムと知恵の実を持ったリリスに分けられたせいで神を造るのが上手くいかない。この両者の融合が必要になります。しかも、アダムではなくリリスを神としなければ人類=リリンの還元はなりません。その先駆けとしてゼーレがアダムを手にしようとしたのがセカンドインパクト。簡単に言えば、これで手にしたアダムをネルフのターミナルドグマで磔になっているリリスにぶち込めば「神」が誕生するわけです。

 

では、どうやってアンチA.T.フィールドをこの神に展開させるか。神となったリリスに「アンチA.T.フィールド展開して!」とお願いすることはできません。そこで必要なのがロンギヌスの槍。神殺しの槍とも呼ばれるこいつはいかなるA.T.フィールドをも打ち破る。これで神を貫き、強制的にA.T.フィールドを無効化させることでサードインパクトが起こり、その先の人類の補完が成ります。

 

これがゼーレの思惑でした。でも、途中で邪魔が入る。それが碇ゲンドウ。第15使徒アラエル戦においてゼーレに無断でロンギヌスの槍を宇宙にぶっ飛ばしてしまいます。このせいで、リリスを神としてもアンチA.T.フィールドが展開できなくなり当初の計画は頓挫します。

 

じゃあどうするか。実はこの一個前の使徒との争いで神に等しい存在になった奴がいます。それがエヴァ初号機。第14使徒ゼルエルを暴走の中で食ったおかげでSS機関=生命の実を得ました。初号機は唯一リリス=知恵の実より造られたエヴァなので(諸説あり)、エヴァ初号機は生命の実と知恵の実両方を兼ね備えたいわば神のような存在となります(厳密にいうとこの時点ではまだ違う)。

 

依代リリスから初号機に変えたところで、ロンギヌスの槍がないとアンチA.T.フィールドは展開できません。じゃあ、神自身にアンチA.T.フィールドを展開して貰えばいいのです。ゼーレはそう考えました。そして、初号機の魂たる碇シンジにアンチA.T.フィールドを展開させる=デストルドーを発現させようとします。そこでやったのが第16使徒カヲルをシンジのその手で殺めさせること。

 

その後初号機を依代としてサードインパクトが起こりますが、なんとロンギヌスの槍が宇宙から戻ってきます。そして初号機と融合しセフィロトの「生命の樹」へと還元され、強制的にアンチA.T.フィールドが展開され人類のA.T.フィールドは全て失われます(現生人類の滅亡)。

 

ここまでがサードインパクト

 

でも、この先の未来は神=シンジが決めます(最後の審判)。このまま人類がA.T.フィールドを失い曖昧な存在を望むか(人類補完)、元のように他者の存在を望むか。前回話したようにこの物語の中で成長した彼は他人の存在を求め、再び人類は元に戻ります。つまり、サードインパクトは起きたものの人類補完計画は失敗という感じです。ちなみに、漫画版最終巻ではサードインパクト後の世界が少しだけ描かれています。とても興味深いので是非読んでみてください。

 

この最後の審判依代の神がリリスだったら起きようがありません。だって、ロンギヌスの槍で貫かれた神は「死」なので、その後の未来を選ぶことなどできないからです。つまり、人類が再び元に戻ったのは依代が初号機になったおかげ。で、依代が初号機になったのは第14使徒ゼルエルを暴走で食った=碇ユイの覚醒のおかげ。ゲンドウが勝手にロンギヌスの槍をぶっ飛ばしたおかげ。で、ロンギヌスの槍をぶっ飛ばす口実ができたのは第15使徒アラエルが馬鹿みたいに遠くにいたおかげ。…と、まぁ色んな事情が偶然か必然か重なり合いまくってハッピーエンドを作ったんです。

 

 

おまけ 最後のシーン(首締め)についての個人観

 

この前三島由紀夫vs東大全共闘の映画を見たんですが、三島由紀夫の考え方がこのシーンにピタッときたんですよね。「相手との対立は相手に対して主体を認めようとする、相手を物体視しないとする関係を作る方法」みたいな感じで言ってたと思います。

 

映画「Air/まごころを、君に」の冒頭でシンジはアスカの裸を見て自慰をするシーンがありますが、これはまさしくアスカを物体視しているわけで。最後の首締めは主体ある他者として認めていることになります。

なんでアスカの首を締めたのかというと、アスカだからというよりアスカがシンジにとっての他者の象徴だからです。ミサトも加持も死に、トウジもケンスケも引越し、レイの秘密も知り、カヲルも殺し、他者と呼べる存在はアスカしか残らなかった。だからサードインパクト直前のシンジの心理世界の中でシンジを罵倒しまくるのはアスカの声ばかり。これはアスカへというよりは他者への嫌悪感の象徴。

そういった声への対抗として他者=アスカに主体を見出し、攻撃したのが首締めという形で現れたのかなぁと。何はともあれ、他者の存在を望んでいるからこそできる行為です。他者の存在を望んだからこそ好きにもなれるし、嫌いにもなれるし、攻撃されるし、攻撃できる。人間だもの。それを覚悟の上でのシンジの選択だってことです。

太鼓の達人! 〜引退〜

 

自分がやっていないゲームを極めし者は、初見だとかなり驚くもの。

えげつないプレイをしているのを見ると、こいつはどういう風にやってるんだろうかって思うだろう。

太鼓の達人も同じ。

ドンとカッの羅列がビュンビュン流れてくるのを見ると訳が分からなくなる。

 

私はランカーとは言わないまでも多くの★10をフルコンしたし、ある程度難しい曲もできる。

その私からすると、これは完全に「慣れ」。

ドンとカの流れを自然に区切れるようになるし、ドンとカの数が奇数か偶数かで右手と左手のどちらでどの音符を叩くかが感覚で判断できるようになる。

ちなみにもちろん判定枠直前で見ても間に合わないので、いつも真ん中より右側を見ている。

f:id:tsuki_mecha:20200703235708j:image

↑この画像だと曲名のCの上の小節線のところ。ちなみにこれは私が作った譜面です(宣伝)。https://m.youtube.com/watch?v=Fp4pHki0E7s

とまぁだいたいの曲は初見でクリアなら余裕だったわけだ。

 

でも、この前超超超超久しぶりに新曲初見プレイをやったら明らかなる「衰え」を感じた。

 

流れてくる譜面が「見えない」。ドンとカが流れてきているのがわかるが、一つ一つどの順番で来るのかが判断できない。見分けれたところで、その情報が腕に行かない。訳がわからないものを訳がわからなく流し見ることしかできなかった。現役の時受けた北大受験本番の時の感覚。

 

こりゃもうダメだ。中2で友人のn氏に誘われて初めて約10年。ハウスバチで〆ドレー2000とかフルコンしてたけどもうできません。でも、楽しいゲームです。さらばgo!遊!

エヴァ学 第10講

第1講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2018/10/22/174219

 


第2講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2018/10/25/133556

 


第3講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2018/10/29/210836

 


第4講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2018/11/09/214328

 


第5講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2018/11/15/230826

 


第6講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2018/11/30/233549

 


第7講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2019/01/11/200806

 


第8講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2019/02/15/190247

 


第9講→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2019/04/05/191413

 

f:id:tsuki_mecha:20200630150832j:image

 

 

「待っていたよ、シンジ君。」

 


いや〜1年以上ぶりのこのシリーズですね。女性に嫌われるタイプだとリツコに言われそうですが。

 


ちょうど10講目ってことで、そろそろまとめようかなと思いました。暇なので。

 


「結局このアニメは何なの?」と聞かれたら、私は「多感なる思春期の少年の人類を巻き込んだ成長劇」と答えますかね。

 


もともと主人公碇シンジは、ネルフに来る前から「空っぽ」だった。漫画版第1話に「いつ死んでもいいみたいなことを作文で書いて先生に怒られた」みたいな事を言っていたのが象徴的(漫画は持ってないので記憶違いあるかも)。思春期のあるあるですね。


ネルフに来て、忌むべき父親と会い、エヴァ初号機パイロットなる事を決める。シンジにはそこしか居場所がないからです。そこでは、初号機パイロットとして他者から求められているという充足感を得られます。

f:id:tsuki_mecha:20200701114911j:image


そこで新たな友人もでき、しばらくはシンジの心も安定します。しかし、ここで大きな亀裂を入れたのがこいつ。

f:id:tsuki_mecha:20200630150425j:image

第16話、「死に至る病、そして」に出てくる第12使徒レリエル

こいつは私の1番大好きな使徒であり、物語の大きな転換を与えた存在とも言えます。


レリエルの中に取り込まれたシンジは聞こえてくる別の自分の声と問いかけます。「他者から見られている自分について」「人に嫌われるのが怖い自分について」などなど。この聞こえてくる自分の声はレリエルそのもの。そう、レリエルは人の心に迫った初めての使徒。知恵の実を持たないアダムより生まれし存在が、人類に対する最強の攻撃とも言える精神攻撃を仕掛けてきたのです。

f:id:tsuki_mecha:20200630150448j:image
ここから再び「デストルドー」が始まります。デストルドーとはリビドーの反対。絶望感や死への欲求になります。この先、友人の鈴原トウジをボコボコにしてしまい(漫画版では死亡)、一度完全に事切れますが加持リョウジの言葉に助けられ再びエヴァに搭乗。こうした周りの人達の存在が密かにシンジの心を強くしていっているのです。

f:id:tsuki_mecha:20200701114945j:image


第24話では心許せる友人であった渚カヲルをその手で握り殺します。

f:id:tsuki_mecha:20200701115102j:image


ちょっと話は逸れますが、これにはゼーレの思惑もありました。きっとこの時点で初号機を依代としたサードインパクト、その先の人類補完計画を計画していたのだと思います。それには、初号機の魂たる碇シンジサードインパクトの際に全人類の消滅を望む必要がありました。なので、わざとシンジ自身にデストルドー=絶望を味わってもらう必要があったのです。

 


キールエヴァ初号機による遂行を願うぞ(シンジ自身に大事な友人であるカヲルを殺させる)」

 


ここが1番象徴的。

 


こうやって碇シンジは人為的にもデストルドーを発現させられ、旧劇では廃人同然になっています。そら無理もないでしょう。よく「シンジが弱々しくて無理」という意見を聞きますが、こんな事させられて元気でいる方がおかしいと思います。

f:id:tsuki_mecha:20200701115041j:image


でも、そんな状況のシンジも死ぬ間際のミサトの話と「大人のキス」によってまた立ち上がります。この大人のキス、ものすごく重要なんです。これは性欲につながり、以前書いたように性欲=生欲=生きる欲求=リビドーなので、デストルドーを少しでも鎮める大きな意味を持ったんじゃないかと思います。

f:id:tsuki_mecha:20200701115125j:image


サードインパクトが始まった後、戻ってきたロンギヌスの槍によって発現したアンチA.T.フィールドによって一時的に全人類は消滅します。でも、最後は「母親」と話したあと、

 


「僕はもう一度(他人に)会いたいと思った。その時の気持ちは、本当だと思うから。」

f:id:tsuki_mecha:20200630150530j:image

 


という決断をし、全人類は再び元に戻ります。ここのセリフはいつ聞いても涙が込み上げる。ネルフに来て、色々な人と関わり自分を見つめながら彼は成長しました。最後はリビドーを得て人類を救う。これ以上ないハッピーエンドでしょう。母親の消滅も、加持リョウジの言葉も、渚カヲルの死も、ミサトの死も、全てがシンジによって無駄にならず実った。あぁ、いいアニメだ。

 


最後に、この物語の伝えたい一番のメッセージ(だと思っている)ものを書き出します。これは、碇ユイの言葉です。

 


「生きていこうとさえ思えば、どこだって天国になるわ。だって、生きているんですもの。幸せになるチャンスはどこにでもあるわ。」

 

 

 

さよなら、母さん

ユニバアトラクション紹介!②

f:id:tsuki_mecha:20200627191303j:image

大阪に来て4年目、ユニバ歴14回の俄が主観でアトラクション紹介するだけのコーナーです。

 

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

 

やっぱ新しいアトラクションだけあってめちゃ楽しい。乗るにあたって3Dメガネをかけなきゃいけなかったんだけど、普段のメガネの上からかけると綺麗に映像が見えないんだこれが。この問題を解決するためだけに私はコンタクトレンズに変えたわけだが、今日行ってみたらもう3Dメガネがいらなくなってた。映像がアップグレードして綺麗になったかららしい。

箒に乗って空飛んでたらお化けが出てきたりドラゴンが出てきたりなんか急に空飛びながらサッカーしたりとハチャメチャライド。ちなみに私はハリーポッター作品1つも見たことないので何も分かりません。

前日しっかり寝ないと割と酔う。

 

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

協賛:アート引越センター

 

疲れた時や熱い時に乗るやつ。森の雰囲気が好きなので落ち着ける。途中で通常コースから外れちゃって、なんやかんやあって水にドボンっていうコース内容設定。いつもはTレックスが水にドボンしてくれるんだけどこの前はTレックス出てこなかった。多分大口開けて襲ってくる動きが新型コロナを感染させるという理由でソーシャルディスタンスされたのだろう。

 

○ウォーターワールド

協賛:コカコーラ

 

ショー見ながらみんなでワイワイ騒ぐのが醍醐味…のはずがこれも新型コロナの影響で声が出せなくなり、足音でブーイングを起こすように改変されている。座席も間隔空けないといけないし、ちょいと寂しい。前列にいるとマジでガッツリ水ぶっかけられるので注意。水中からジェットスキーで出てくるシーンはめちゃカッチョええ。

 

バックドラフト

協賛:JTB

 

今の季節は行くべきじゃない。

 

 

 

 

ユニバアトラクション紹介!①

f:id:tsuki_mecha:20200625000123j:image

大阪に来て4年目、ユニバ歴13回の俄が主観でアトラクション紹介するだけのコーナーです。

 

 

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

協賛:大和ハウス

 

通称ハリドリ。曲を聴きながら乗るジェットコースターという珍しいアトラクション。長さも怖さも丁度良い。大阪湾の眺めが最高なのでバックドロップはあまり好きじゃない。類似点:かしいかえんのジェットコースター。

 

 

○スペース・ファンタジー・ザ・ライド

協賛:NTTドコモ

 

ユニバのスペースマウンテン。なんか太陽滅びそうだけどジェットコースター乗るとなんとかなるらしいというストーリー。最後にボタンを押さないと太陽が滅びてしまうので生きて帰れない。みんなちゃんと押してますか??(私は毎回子供のように連打してます。すると周りがバチバチって鳴ります。いった人ならわかる。)

ちなみに期間限定でよく乗っ取られる。今は進撃の巨人に乗っ取られてます。これも面白かった。定期的にエヴァにも乗っ取られます。

 

ターミネーター

協賛:NEC

 

前座の綾小路麗華に会うまでが本番。あの人の演技を見るために行ってる感ある。おかげさまでセリフもだいたい覚えました(…つかれた)。あと、このアトラクションはcyber dyne社の提供するプレゼンの場という設定だけど、このアトラクション自体はNEC日本電気株式会社)の協賛だから、自分は2重の舞台の中に放り込まれる事になる。そこでは、by cyber dyneという仮想空間かと思いきや突如現れるby NECのロゴによって現実に引き戻されたりと、そういった来たるヴァーチャル・リアリティの世界に順応する訓練の場としても機能している。

 

ミニオン・ハチャメチャ・ライド

協賛:JAL

 

めちゃ人気。ちょー並ぶ。乗る前の子供たちの話をしっかり聞いてるとアトラクションをより楽しめるぞ。いいストーリーになってる。一つ忠告しておくとめちゃ酔います。かつてここはバックトゥザフューチャーがあったのだけれど、こいつもかなり酔った。8年前に家族旅行で来た時に私の母親を酔い潰し、空気をどんよりさせた犯人。お風呂に入るのを忘れずに。

ち・な・み・に私がアーチェリー部だった時、全然当たらないことをミニオンと呼んでいました。理由は的中がハチャメチャだから。あ、面白くないですね。

 

ジョーズ

協賛:SMBCカード

 

係員の演技が最高。もう流石にに何が起こるか、セリフ、動き、全部覚えちゃったけど見に行ってます。なぜわざわざこれ入れたのか、分かる人には分かるでしょう。めちゃ乗ります。めちゃ貢献。

 

続きは土曜日行った後書くかも。週に2回ユニバに行くバカ。

 

 

 

神聖ローマ帝国史 第5講

前回→

tsuki-mecha.hatenablog.com

 

 

神聖ローマ帝国建国時、国内は大きく8つに分かれていた。それは、5つの部族大公(ザクセンバイエルン、シュヴァーベン、ロートリンゲン、フランケン)と古くからあるチューリンゲン王国の後継たるチューリンゲン方伯領、ゲロ1世によるゲロ辺境伯領、ヘルマン・ビルングによるビルンガー辺境伯領だ。このゲロとヘルマン・ビルングはオットー1世の右腕として神聖ローマ帝国の成立に多大な貢献をした。のちにヘルマン・ビルングはザクセン公位を与えられ、ザクセン公家ビルング家の始祖となった。

 

今回はこのザクセン公国とゲロ辺境伯領の簡単な分裂と統合を追っていく。

 

f:id:tsuki_mecha:20200621002944p:plain

神聖ローマ帝国史 ザクセン大公図

 

とりあえず樹形図。

 

ゲロ辺境伯領はゲロ1世の死後分裂。大体はマイセン辺境伯領に収束するが、一部ラウジッツ辺境伯領は途中でボヘミア王国領になったり独立したりを繰り返した後ブランデンブルク辺境伯領に組み込まれる。

 

ザクセン公国はヘルマン・ビルングの死後ビルング家による統治が続いていたが、途中でヴェルフェン家(ゲルフ)に取って代わられる。東方植民の先駆けにもなり東側に勢力を拡大。しかしハインリヒ獅子公時代にはヴェンド十字軍でメクレンブルク公領を設置したり、ブラウンシュヴァイクリューネブルクなどの都市を開くなどし強くなりすぎた結果、神聖ローマ皇帝フリードリヒバルバロッサによって公国は解体される。

その後アスカーニエン家との交代で王家は続く。アルブレヒト熊公の時代には新たにブランデンブルク辺境伯領が設置される。後のドイツ帝国の主となるブランデンブルクはここから生まれた。

アルブレヒト熊公の孫アルブレヒト1世の死後、ザクセン公国は2人の息子によってザクセン=ラウエンブルクとザクセン=ヴィッテンベルクに分裂。ザクセン=ヴィッテンベルクはマイセン辺境伯領を獲得し、ザクセン選帝侯となる。なので、ザクセン選帝侯領の大部分はマイセン辺境伯領と一致する。

そのため、ザクセン=ラウエンブルクこそ真のザクセン公の系譜ともいえる。ザクセン=ラウエンブルクはそれを意識してニーダーザクセン(低地ザクセンの意)を名乗るが、かつてハインリヒ獅子公によって創設されたブラウンシュヴァイクリューネブルクが合同してできたブラウンシュヴァイク=リューネブルクにより併合されハノーファー選帝侯領(イングランド王ジョージ1世を輩出)となる。ち・な・み・にニーダーザクセンという呼び名は今もニーダーザクセン州という名前で残っている。

 

とりあえず大まかなザクセン公国、ゲロ辺境伯領の顛末はこんな感じ。今回はチューリンゲン方伯領を絡めてなかったけどまた今度絡めて整理します。チューリンゲンとザクセンは密接な関係だからね。

 

 

神聖ローマ帝国史第4講 諸侯の分割統合

前回→https://tsuki-mecha.hatenablog.com/entry/2020/06/16/134220

f:id:tsuki_mecha:20200619132654p:image

昨日当てました。イナフェノンってもうそんなに強くないのかな

 

神聖ローマ帝国内には数百の諸侯領があった。なぜこんなに分裂したかはいくつか理由がある。

 

①新たに都市を開いていったから

神聖ローマ帝国成立時、未だベルリンも建設されておらず都市も人口も今と比べて少なかった。諸侯は領内人口を増やすために都市を建設し、そこに新たに家来を置く。これが増長して諸侯を凌ぐようになったりもする。

 

②力を持った諸侯の力を削ぐため

広い領土を持つ諸侯はそれだけ力を持ち、皇帝にとっては脅威となる。そういった時は土地を取り上げ、その土地を分割しその中に新たな諸侯を置き対処する。

 

③東方植民の結果

受験世界史にも出てくる東方植民。これで得た新たな土地にレーエンを敷くとなるとそこに新たな諸侯が生まれるわけだ。

 

④相続の問題

諸侯に子供がたくさんいた場合、その死後それぞれに土地を与えて相続する。もとは兄弟間で協力し合っていたのが次第に対立するようになり、新たな諸侯として切り取られることになったりもする。

 

例を一つ挙げる。

私の大好きな諸侯の一人に、ザクセン公バイエルン公ハインリヒ獅子公がいる。彼は東方植民(ヴェンド十字軍)で新たにメクレンブルク公領を設置し(③)、さらに領内にブラウンシュヴァイクを建設しブラウンシュヴァイク公領を設置(①)したがその増長した力を恐れた皇帝フリードリヒ1世バルバロッサによって所領を奪われ分割させられた(②)。

ちなみに、彼が設置したブラウンシュヴァイク公領は後にハノーファー選帝侯領となり、現在のイギリス王家を輩出し、ザクセン公国の旧領をほとんど手にしてドイツ連邦に名を連ねることになる。

 

一方で諸侯がまとまる経緯もある。

 

①戦争

その名の通り戦争で領地を奪い取る方法。でも、これは同じドイツ内ではあまり行われなかった。

 

②同君連合

母の出身国と父の出身国が別々で、母の家系で男子が途絶えるなどした時、子供は父の領地と母の領地を引き継ぎ二つの国家が合同する。この合同はその子供1代限りの時もあればその後ずっと合同される例もあった。

サザエさんを例に挙げる。

磯野家がザクセン公家、フグ田家がバイエルン公家だとする。タラオはフグ田家のバイエルン公を引き継ぎ、ザクセン公はカツオに引き継がれるはずだが、カツオが子供を作らず死んだ場合磯野家は断絶しタラオにザクセン公位も転がってくる。

 

この同君連合が西欧史を複雑に、そして面白くする。先程あげたハノーファー選帝侯とイギリス王も同君連合の一つ。ポーランドリトアニアも同君連合になってたし、デンマークスウェーデンノルウェーも同君連合になった時代もあった。同君連合は戦争をせず一気に国が丸ごと手に入る最強の裏ワザ。これを駆使したのがハプスブルク家というわけだ。